最近の日記

ハツタケ

アップロードファイル 115KBアップロードファイル 149KBアップロードファイル 123KB

 雨上がり、今年は遅いと思いながらあけび採りに行ったところ、高い木にからまったあけびが3個残ってましたが、いつも大きな実がたくさん生っていたのですが、塀にからんだあけびの木と一緒に雑木林まできれいに伐採され明るくなって驚きました。
 平地も水たまりが出来るほどびっしょりでしたが、大きなハツタケがかたまって開いていました。5個ぐらいは形も崩れ裏が白くなって残念ながら置いてきました。
 このきのこはかさの裏が 緑色 緑青の様なので 毒キノコと思うのでしょう。
 私は食べたことないのですが、我が家のお年寄りは生醤油で煮て大根おろしで頂くのが大好きと言ってます。
かなり前になりましたが 新聞紙広げたところに載り切れない程採ってきたこともありました。あたりは畑で小高い山のまだ低い松の木のあたりにたくさんあり、驚きながら採ったものでしたが、翌年行ったら 小高い山は、跡形もなく平らになってハツタケもあの時だけでした。
 今月は いろいろな行事が目白押し、その間、用で 上京もあり しばらくぶりにパソコン操作したら画像が表示されずがっかり!本日見て頂き回復したのでほっとしました。

里芋収穫

アップロードファイル 183KBアップロードファイル 181KBアップロードファイル 201KB

 今年は途中から急に大きな葉っぱになりました。大雨が続き水はけの悪い畑なので 排水の溝急遽深めに作ったり工夫しましたが、里芋は乾燥した畑には向かないのでちょうど良かったのかも知れません。

 お陰様で、第五回目のぬっぺ会も多くのお客様にお越し頂き無事終えることが出来ました。最終日 搬出後、漆粘土工房で反省会、朝畑からの収穫で美味しく芋汁頂きました。

第五回ぬっぺ会展 漆工芸グループ

アップロードファイル 97KB
 
 第五回目のぬっぺ会展下記の通り開催されます。

参加者
   石本 公雄 : 拭き漆のこね鉢・ぐい吞み・椀
   川島 正子 : 彫りの皿 アクセサリー 箸
   小林 重信 : アクセサリー木地 ぐい吞み
   小林 徹男 : 漆パネル お椀
   鈴木勘右衛門: カードケース 等
   轟 真珠  : アクセサリー 等
   沼田 英恵 : 小物 等
   坂内 憲勝 : 漆パネル カップ 
   福田 道子 : ぐい吞み・アクセサリー・箸
   若林 勉  : 拭き漆カップ・板物木地
   大森かず子 : アクセサリー 等   

期間:平成29年9月20日(水)〜24日(日)まで

時間:10:00〜17:00まで
            (最終日 16:00まで)
会場:会津町方伝承館2F

  会津若松市大町2−8−8 
            рO242−22−8686
[蒔絵体験]
   
   アクセサリー各種・手鏡・スプーン・小箱など

 実施日 23日(土)13:00〜16:00
     24日(日)10:00〜12:00
           13:00〜16:00
 体験料 1,000円〜

 丁寧にご指導いたしますので、お気軽にご参加下さい。

 今回から 木地師の小林重信さんが参加なさいます。
板物の重箱 盆・・等大きなものから アクセサリーの木地 ブローチ・髪飾り・カップ・・等 工房で制作なさってます。なかなかアクセサリーの木地探すことは大変ですが、期間中、ご自分のデザインで作って頂きたい方は製図・・等持参で、ぜひお越し下さい。
 蒔絵体験も ご自分のお持ちの器に施したい方も、ご指導くださる蒔絵師の方々にご相談するのも良い機会と思います。

 私は 漆粘土素地で作ったアクセサリー 今年春、代々木の体育館で開催されましたroomsに出品致したアクセサリー・・・等展示したいと思います。
 木製漆塗のぶら下がるイヤリング・ピアス・・・等も展示致します。

 
  

秋野菜・にんにく植え付け

アップロードファイル 185KBアップロードファイル 87KBアップロードファイル 196KB

 大根が順調に育ち 葉っぱも立派! まだ土と肥料が良く混ざってないので大根の生育にばらつきあって、今後の課題。
 今年収穫したにんにくを ばらばらにして 植え付けしました。今回はマルチをちゃんと掛け元肥もいつもより丁寧にしたので、来年の収穫楽しみ。

 大型の台風が九州に上陸したので、こちらも午後から雨の予報 急いで午前中、大根の土寄せ・・・等 大雨になっても雨が流れるように畑の中の水路確保してきました。
 里芋・落花生・・ しっかり下まで水が行き届くことでしょう。心配なのは、ミニトマトアイコとなす・里芋の葉が結構伸びてますから大風で、倒れなければ良いのですが・・・

鈴木オルゴール工房訪ねて

アップロードファイル 87KBアップロードファイル 93KBアップロードファイル 89KB

 亘理町でオルゴール工房開設なさって、26年余り 東北大震災に見舞われ 一週間体育館に避難なさったそうですが、海水に浸かった工房の掃除から始まり、一早く制作できるように毎日毎日機械の手入れ…等で 休むことなく仕事続けたから今日があると、大変なご苦労を淡々と話され、聞かせて頂きました。

 津波から免れた作品いろいろ拝見させて頂きあっという間に午後、駅まで送って頂き、仙台から新幹線に乗れば郡山まで寝ても居られない35分間、磐越西線は1時間10分もかかりますが、夕食に間に合うのですからありがたいです。

 八年前 会津に車でお越し下さった時以来、やっと亘理のオルゴール工房お邪魔させて頂き念願叶いました。